_
__
___
____
_____

ママと英語で遊ぼうコース 1歳〜年少
ALC東月隈Kids Club 年中〜小6
子ども英検寺子屋 小・中学生
中学生グローバル英語コース 中学生
海外留学サポートセンター 全年齢
大人英会話プラチナ英語倶楽部 成人
お忙しい保護者の皆さんための
英語を楽しく学んでいきたい小学生のための
新しいシステムのコースです
週1回は、ご自宅にてオンラインレッスン受講
月1回は、福岡市中央区周辺の出張クラスルームを
使用したスクーリング形式で受講となります
詳しいコース内容は
6月中ホームページにて告知予定
ご興味ある方は、お問い合わせください
ママと英語で遊ぼうコース
ママと英語で遊ぼうコース
ママと英語で遊ぼうコース
ママと英語で遊ぼうコース
ママと英語で遊ぼうコース
ママと英語で遊ぼうコース

English Wonderland「英語がひらく世界の扉」 の特徴

ホームページにお越しいただきまして有難うございます。English Wonderland代表の小野恭子です
English Wonderland の特徴を少しここでお話しさせていただきます。

英語を通して世界中のWonderland=素晴らしいところ、不思議の国を知り、訪れ、視野を広げていって欲しい

Englishを学ぶことは新たな素晴らしい世界、不思議な世界への扉を開くことにつながります。

English Wonderland「英語がひらく世界の扉」 の特徴

ホームページにお越しいただきまして有難うございます。English Wonderland代表の小野恭子です
English Wonderland の特徴を少しここでお話しさせていただきます。

英語を通して世界中のWonderland=素晴らしいところ、不思議の国を知り、訪れ、視野を広げていって欲しい

Englishを学ぶことは新たな素晴らしい世界、不思議な世界への扉を開くことにつながります。

English Wonderlandはどんな教室?

福岡市博多区のこども英語教室
グローバル人材育成のためのこども英語教室

中学卒業まで英検2級取得を目指す英語教室
+英語でのプレゼンテーション
+コミュニケーション能力アップ

English Wonderlandでは、年齢、目的に合わせた5つのコースから選んでいただきます

グローバル化社会へ羽ばたく未来を担う子どもたちに、今のこの時代に何を教えていきたいのか?
日本人としての素晴らしいアイデンティティーを持ち備え、世界中に目を向け興味や関心が持てる、異文化理解、異文化コミュニケーションができることのすばらしさを伝え、教えていきたい。

そのために自分を知り、となりの友人を知る。その延長線上に広がる世界という広い視野を持ち、いろいろな価値観を知り、学び、自分の存在の大切さを見つけ出してほしいと思う。

英語を学習する目的には、言語習得のみならず人と人を繋ぐ心のコミュニケーション能力、自分の内なるものを発信できるプレゼンテーション能力、人間関係を築く術などいろいろな可能性に秘めた学びがあります。
英語学習を通して子どもたちの持つ無限に広がる可能性を引き出し、人として大きく成長していけるようにここで出会った子どもたちと共に育みあえる環境を築いていきたいと思っています。

English Wonderlandはどんな教室?

福岡市博多区のこども英語教室
グローバル人材育成のためのこども英語教室

中学卒業まで英検2級取得を目指す英語教室
+英語でのプレゼンテーション
+コミュニケーション能力アップ

English Wonderlandでは、年齢、目的に合わせた5つのコースから選んでいただきます

グローバル化社会へ羽ばたく未来を担う子どもたちは、今のこの時代に何を学ぶべきなのか?
日本人としての素晴らしいアイデンティティーを持ち備え、世界中に目を向け興味や関心が持てる、異文化理解、異文化コミュニケーションができる。
そして自分自身がまず一歩の行動に移せるグローバル人財に成長していって欲しいと願います。

そのために自分を知り、となりの友人を知る。
その延長線上に広い世界にいるいろんな人々へ興味、関心を持ち、心を寄せられるそんな心豊かなこどもたちを育てていきたいと願っています。

英語を学習する目的には、言語習得のみならず人と人を繋ぐ心のコミュニケーション能力、自分の内なるものを発信できるプレゼンテーション能力、人間関係を築く術などいろいろな可能性に秘めた学びがあります。
英語学習を通して子どもたちの持つ無限に広がる可能性を引き出し、人として大きく成長していけるようにここで出会った子どもたちと共に育みあえる環境を築いていきたいと思っています。

よくある質問

Q:どのようにしたら子どもが英会話を習得できるの?

A:

一番保護者の皆様にとって知りたい疑問点ではないでしょうか。
日本語と英語は言語学的にもとてもかけ離れており、日本人が英語が下手と言われるのにも理由があります。

英語の語源ととても近い英語圏を取り巻くヨーロッパ諸国、南米諸国の方々の母国語。
彼らが英語を短時間でマスターできるように日本人がマスターできるのか?答えはNO! です。
それは言語学的にとても長い時間を要するのが日本人だと言われます。

日本人が日常英会話を習得するには、約2400~2760時間の時間を有するというデータがございます。

また、学術的に論文を書いたり、学会で発表するようなゴールを目指す場合は、約5000~6000時間を要すると言われています。
要はゴールをどのレベルで何歳くらいまでに到達していきたいのかを明確にすることが一番大切なのです。

その過程の中で常に月にどの位、週に何時間位という計算の上に習得は成り立っているといっても過言ではありません。

中学から高校卒業までの英語の授業数は約780時間と言われています。
それを考えてみても言語学的に日本人の私たちは英語時間数が絶対的不足しているという事実があります。
また、その時間のカウントの仕方も「脳を直接刺激する時間」であり、「主体的に英語学習に自分が関わっているという」時間になります。

語学習得には環境と習慣が大切といつもお伝えしています。
特にお子さまの幼児教育の一環として英語を選ばれる保護者の方には、お子様の興味を見つけ出し育てることが一番大切であることをご理解いただきたいと思っています。

幼児英語学習はまずは、「聴く」こと「話す」ことからスタートします。
お家の環境の中でそれをどう工夫し、継続していけるか。
週に一回のレッスンは英語のアウトプットの時間になります。
各ご家庭でお子さまが学ぶ過程の中で一緒に楽しく親子で学ぶという姿勢が習得のキーワードにもなります。
あとは、上記にも書きましたように時間を計算していくことが重要となります。

Q:いつから英語を始めるのがいいの?

A:
言語の臨界期(9~11歳)というものがあります。
言語の臨界期は一般的に9才までと言われており、普通の家庭では、当たり前のように母国語で赤ちゃんは語りかけられ、周りには母国語が飛び交っています。

脳のメカニズムでは、その意味が解る、解らないと言うことはそれほど重要ではありません。
重要なのは、母国語が環境としてあれば、その子の脳はその母国語に対応した言語的知性を作り上げていくということです。

次に、海外や学校に行って外国語を勉強した場合はどうでしょう?ここで重要なのは「いつ」外国語を勉強したかです。
つまり、言語的知性は臨界期にネイティブ言語の環境がまわりに無いと育たないので、真のバイリンガルになるのは難しいということです。

日本の環境の中で、バイリンガルにならずともある程度の日常英会話を習得させたい。
という場合もこの臨界期の時期に英語環境をつくり、言語習得が楽しいものと捉えられた場合、ここで培われた芽が将来、大きく開花していくと言われています。

そして、この時期に触れて13~15歳まで続けることがまた重要で、続けていけることが英語習得のための定着へと繋がっていきます。
おけいこごとの一環として小学生で英会話を始めて中学生になり英会話はやめてしまうということはせっかく臨界期に育った芽が定着まで育っていかないことも知っていただきたいとことになります。

幼児英語学習は、お家のご協力があればどれだけでもお子さまの可能性は開花されることをご理解いただければ幸いです。
親が喋れないからではなく一緒に英語を楽しんでいただけることをいつも願っております。

お家でのサポートの仕方も無理なく楽しく進んでいけるように様々なアドバイスもさせていただいております。
お任せください。